LOG IN

森羅万象への礼賛

by 伊芸 美紀

*この祝詞は無形の空を仰ぎ奏上する祝詞です。

【大元造化三神報恩之祝詞】

掛巻も最も畏き

 (かけまくもいともかしこき)

天地の元津神

天之御中主大御神

高皇産霊之大御神

神皇産霊之大御神

達の奇しく妙成御恩頼に依て

(あめつちのもとつかみ /あめのみなかぬしのおおみかみ/たかみむすびのおほみかみ/かみむすびのおほみかみたちの /くすしくたへなる/みたまのふゆによりて)

此現世に生出たる身にし有れば

(このうつしよに/あれいでたるみにしあれば)

其本津  御恩に報い奉らむと為て

(そのもとつみめぐみに/むくいたてまつらむとして)

稱辭竟奉らくは

(ただへごとを/まつらくは)

彌高く底氷無き 高天原の幽界を 主宰給ひ

(いやたかく そこひなき /たかあまはらの かくりよを /しめきたまひ)

始も無く 終も無く

(はじめもなく/おわりもなく)

常磐に堅磐に 鎮り 座坐て

(ときはにかきはに/しずまりましまして)

眼に不見元津氣は百不八十の神氣を 生給ひ

(めにみえぬもとつけは/ももたらずやそのかみけを/なしたまひ)

眼に所見物形は

 (めにみゆるものは )

日の御国

月の御国

星の御国

(ひのみくに /つきのみくに /ほしのみくに)

亦是れ地球に在ては

(またこれおほつちにありては)

現しき蒼生を始

(うつしき/あをひとくさをはじめ)

息有も息無も

(いきあるも/いきなきも)

世に在とし 在物の限を産化し出宇斯波伎護り幸へ給へる御化功の

(よにありとし/あるもののかぎりを/うむしいで/うしはきまもり/さきはへたまへるみいさをの)

大き久き廣き厚き 大愛を降りて此現世に在む限は

(おほきひさしき/ひろきあつき/おほむうつくしみを/ かがふりて/このうつしよにあらむかぎりは)

大御神達の本津御心の隨に

(おほみかみたちの もとつみこころの まにまにに)

此心を尽て倦事無く此身を務て怠事無く

(このこころをつくして /うむことなく/このみをつとめて /おこたることなく)

敬ひ畏みも仕奉る状を

(うやまひかしこみも/つかへまつるさまを)

平けく安けく聞食て

(たひらけく やすらけく/ きこしめして)

四方の國の青人草を為て天地の神理に違は不令開世に後れ不令

(よよのくにの/あをひとくさををして/あめつちの/かむわざにたがはしめず/ひらけよにおくれしめず)

種々の禍無く 恙無く 令在たまひ

(くさぐさのわざはひなく/つつがなく/あらしめたまひ)

夜の守 日の守に 護恵幸へ賜へと

(よのまもり ひのまもりに/まもり めぐみ さきはへたまへと)

眞空遙に 拝み奉らくを白す

(みそらはるかに をがみまつらくをまをす)

OTHER SNAPS